Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
久家義松さんがお亡くなりになりました。
大黒流の最長老、寿通の町総代を永く務められた久家義松さんがお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
葬儀の日程は
通夜 3月28日(水) 午後6時
葬儀 3月29日(木) 午前11時
いずれも、古小烏町の積善社福岡斎場です。

昭和37年町総代

昭和37年の写真です。一番左が若かりしころの久家さん。
左から久家さん、手島さん、原口さん、樋口さん、本永さん。
原口さんとは同年だったはずです。享年104かな?

植木等さんが亡くなられ、びっくりしました。80歳になられていたのですね。

人形師の井上和彦さんが急逝されたとのこと、ラジオで聞いて驚きました。
まだ38歳だったそうで、人形師としてはまだまだこれからというときに、悔しい結果となってしまいました。まさに夭逝です。残念です。

訃報ばかりで、明るい話題もございません。しばらくのご辛抱を。

3月31日は櫛田神社の花見です。長屋の花見みたいなものです。まだまだ遠慮しておきます。

30日は父の四十九日の法要です。
| メモリアル | 18:37 | comments(6) | trackbacks(0) |
白土庄壽さんがお亡くなりになりました。
3月4日、白土庄壽さんがお亡くなりになりました。

白土さんは、明治44年生まれ、享年96でした。宮総代(大博町)を昭和55年より20年以上、又責任役員も長い間務めておられました。

博多小学校のPTA会長の白土庄司君は、白土さんのお孫さんです。大博町にお住まいでしたが、元は下対馬小路にお住まいになっておられて、その頃五十郎の親父とも面識があったようでした。だんだんと昔を知る方がおられなくなり、大黒流の戦後史も考古学の分野に入っていってしまいます。メンバーの皆さんあわててください。

自分が赤手拭なったかそこらのころ、白土さんのところへお遣いに行っていました。恐る恐るお伺いしてたところ、意外にも(失礼!)とても温厚で優しい方でした。太変お世話になりました。

白土さんの土は土に`が付きます。意味は不明です。

3月5日馬出の斎場で葬儀が執り行われました。
我が流からは、つノ一今石さん、新宮さん。古ノ二田原さん、すノ三内田さん、それにこの私五十郎が参列いたしました。宮総代は旅行のため、自分ひとりだけが参列ということになってしまいました。忌中ということで旅行を遠慮したのですが、これは親父の意思だったのでしょうか?
遺影が格好良かったですね。年寄り帷子に鉢巻姿、年寄りかくあれと感激いたしましたね。いつか画像を借用してきます。
| メモリアル | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
父を亡くしましたの続き その2
唐津の支局長殿からコメントいただきました。

支局長殿の親父さんと鼻取やっている写真です。
昭和37年流舁

共に30台のころです。

本サイトに「別冊」が出来ており、特集を組んでもらっています。ありがたいことです。

「別冊大黒流総合サイト内藤晴之」

徳重さん版も出来ています。
「別冊大黒流総合サイト徳重純司」

今後このようなメモリアル版が充実していくようです。
| メモリアル | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
父を亡くしましたの続き
早いもので明日16日が初七日の法要です。

千鳥足が早速コメントをつけてくれましたので、千鳥足の親父さんと一緒に取締をやっていたときの記念写真です。
昭和35年取締記念写真
当番町は下対馬小路、取締は故吉貝純一郎さん。受取町は上鰮町の石蔵重信さん。前列右端は松尾醇之助さん、今石さんや三野さんの姿も、昨年亡くなられた故河原田さんのお顔も見えます。

あわただしい毎日です。なかなか新しい話題を提供できませんが勘弁してください。

通夜、葬儀と沢山の皆さんにお別れいただきましたが、今もまだお参りにお見えになる方が後を絶ちません。ありがたいことです。父は徳があったのでしょう。自分にはとても考えられないことです。ありがたいことです。

辞世
こりゃどうかい あの世にひとりで櫛田入り 竿が上がった どう走ろうか
| メモリアル | 18:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
父を亡くしました
父が2月10日に亡くなりました。

前回お知らせしたとおり、父は2月3日に入院いたしましたが、その後、一般病室に替わってから、急変し心停止するなど容態が悪化してしまいました。その後の治療と体力で持ち直し、悪いなりにも安定しておりましたが、2月10日午後6時ごろから不整脈が起こりはじめ、駆けつけたときにはすでに心停止、6時55分に永眠いたしました。

2月11日に通夜、12日に葬儀を行いましたが、連休中にもかかわらず大勢お別れにお見えになり、大変ありがとうございました。

父は大正13年11月17日にこの世に生を受け、82年の間、皆様に愛され、幸せな一生を送ることができました。

昭和29年の松囃子、姉を抱いている父です。祖父も写っています。
昭和29年松囃子

昭和32年の山笠です。抱かれているのは自分です。右は松本清輝さんです。
昭和32年山笠

ありがとうございました。
| メモリアル | 22:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
古ノ二の深見正次郎さんご逝去
12月15日、古ノ二の深見正次郎さんがご逝去されました。

12月17日、順正寺での葬儀にお参りをしお別れをしてまいりました。

3人のご子息のうち、一番下の泰正君とは、中学校高校を通して一緒に部活に励んだ仲間でした。同級生のお父上でもありました。

深見さんは飄々とまた颯爽としたお人柄でした。松囃子の時にはうちの店に寄られ、親父と話に花が咲いていたことが昨日のことのように思い出されます。聞けば、14年にも及ぶ長い闘病生活だったそうですが、そのようなことは微塵も感じさせない、五月の風のような方でありました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
| メモリアル | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
牧尾孫三郎さんがご逝去されました
牧尾さんが亡くなられました。

牧尾さんは、昭和45年から平成17年まで36年間の長きに亘って古ノ二の町総代を務められました。

ご存知の方は、大変元気なご老人だとの印象が強い方であったと思います。
松囃子では、若者顔負けの健脚に目を瞠らずにはおられませんでした。
山笠振興会、松囃子振興会でも要職に就かれ、松囃子振興会では会長を務められておりました。
又、櫛田神社では宮総代会責任役員を務められておりました。

写真は沢山ありますが、素晴しい笑顔の写真です。平成17年の大黒流昭和会で江田雅利さんと談笑されているところです。
平成17年大黒流昭和会にて江田さんと

お通夜と葬儀の日程です。
お通夜 平成18年9月26日(火) 午後6時
ご葬儀 平成18年9月27日(水) 正午
いずれも、積善社福岡斎場(市内古小烏町)で執り行われます。
| メモリアル | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
古本精之助さんがご逝去されました
古本さんが亡くなられました。かねてより療養中であり、今月に入って危篤状態が続いていたとの事で気にかけておりました。

古本さんは、昭和39,40年下洲崎町の取締、昭和43年から45年まですノ一の取締を務められました。その後、平成5年、6年すノ一の町総代を務められました。

小柄で大変元気な方でした。石炭屋さんで、昭和46年頃船倉に転落して前額部に大怪我されたことがありました。暫くの間、土星の輪のような頭部保護器をつけて生活されていました。

古本さんの画像の手持ちが少なく記念写真くらいしかありません。入手できればアップしておきたいと考えています。
昭和44年の取締記念写真です。後列左から3人目です。
昭和44年取締記念写真

お通夜と葬儀の日程です。
お通夜 平成18年9月25日(月) 午後7時
ご葬儀 平成18年9月26日(火) 午前11時
いずれも、積善社福岡斎場(市内古小烏町)で執り行われます。
| メモリアル | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
下新の新島さんとすノ二の増田君
ちょっと早いけど、今年の追善山のことです。

今年は、下新の元取締、町総代 新島雅黄さんと、すノ二の元取締増田健治君です。

新島さんは、川端仁伊島として有名なお店の大将でした。川端仁伊島は上川端町で営業中です。昭和43、44年の2年間取締、平成5年には町総代を務められました。

昭和43年の取締記念写真です。
後列右から3人目が新島さんです。
昭和43年取締記念写真

昭和44年の取締記念写真です。
前列左端が新島さんです。
昭和44年取締記念写真

平成5年の町総代記念写真です。
後列右端が新島さんです。
平成5年町総代記念写真

新島さんのご遺族のご希望で、功労山、合同追善でうけることことなります。

増田健治君は、赤手拭を長く務め、平成6年、平成7年の2年間、すノ二の取締を務めました。

平成2年の櫛田入り。棒さばき増井雅臣さん、左肩は故岡部雅之君ですね。
平成二年櫛田入り

平成6年の取締記念写真です。
今年の世話当番寿通が前回の当番のときです。
後列左から3人目が増田君です。
平成6年取締記念写真

増田健治君は、いつまでも少年のような男で、まさか自分より早く逝ってしまうなんて、思いもよりませんでした。

13日には、流全員で行きますので、待っていてください。
| メモリアル | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
河原田穣平さんの思い出
河原田さんは、昭和37年当番町取締を務められ、昭和62年、平成11年の二度当番町町総代を務められました。
昭和37年の取締の時には、集団山見せが行われることとなり、山笠史上初めて福岡に山笠を舁き入れるということで、「大変やったとばい」とご苦労されたことを伺ったことも懐かしい話となりました。
昭和62年には、一番山笠当番ということで、山笠振興会の一番山笠副会長を務められ、この年、棒を新調したことも懐かしい思い出です。
自分が現役の頃は、河原田さんは町総代をなさっていました。親父とは、取締、町総代を同じ時期に務められた関係で親しく、ちょくちょく自分の店に立ち寄られ、親父や自分と戦中戦後の話などを語られていました。心身ともにたいへんスマートな方でしたが、若い頃はよく太っていたんだと自慢?されていたことを思い出します。

昭和37年の取締記念写真です。
当時は16ヶ町体制でしたので、16人の取締によって運営されていました。
まさしく親父たちの世代ですね。
後列左から、筒井、手嶋、長野、佐伯、山本
中列左から、井上、岩崎、三野、荒巻、藤尾
前列左から、石蔵、内藤、河原田、大塚、山口、囲みは龍渕
昭和37年取締記念写真

昭和62年の集団山見せです。当時の桑原敬一市長が右肩台上りでした。
昭和62年集団山見せ


平成11年の町総代記念写真です。町総代として2度目の当番のときです。
後列 左から 松尾、澄川、牧尾、山中、安倍
前列 左から 阿部、山田、門田、河原田、三野、河原、和田
平成11年町総代記念写真

平成11年の集団山見せの写真です。
平成11年集団山見せ

麹屋の河原田穣平さんが、7月5日永眠されました。
お通夜は本日5日、お葬式は7日、順正寺にて執り行われます。

今日は悲しい日になりました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
| メモリアル | 11:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |