Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
皆様、ありがとうございました(遅くなりましたが)
タバスコ屋です。期間中は投稿できずにすいません。

多くの皆様のご協力のおかげで、無事に奉納することができました。ありがとうございました。

今回の当番は、結果として、私にとっていろいろと考えることが多いものとなりました。
ただ、無事に奉納できたことと、自分の不注意から出られなくなるかもしれない中、全部走りぬくことができたことができて、よかったです。

山台苦殿の言うとおり、博多はずっと続くもの。とはいえ山笠の残務処理をしつつも、ここ半月は溜まった仕事を片付けねば・・・(^^;)
「テレビ出てたね」と声をかけていただいておりますが、自分でまったく確認しておりません。さて、今から休日出勤してきます!!
| 平成20年山笠 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ飾り山の飾りつけ始まる!
博多に夏がやってきました。
国の重要無形民俗文化財である博多祇園山笠が始まります。
上川端ぜんざい広場の飾り山、いよいよ飾り付けが始まりました。
博多の男集の血が沸き立ってきたことでしょう。

山台苦も久我山大工も「今年も頑張るぞ」と気合が入っています。

第1日目の作業をサービス投稿します。表がほぼ終わり見送りの飾り付けです。


作業中、親子連れがやってきて、子供が興味津々で見ています。山大工にも遠慮なく質問しています。


こんな立派な子供には山台苦は弱いです。だから鉄砲をやりました。


今日の作業はここまでです。博多川から写しました。土砂降りの雨が午後から降り出しました。昨年のことを思い出すとゾッとしますね。


何の写真だかキモサベ分かりませんが、篠栗作業場にある山台です。


何の写真だかキモサベ分かりませんが、須崎の道にカッコがしてありました。


キモサベ、明日も頑張るぞ!
| 平成20年山笠 | 18:22 | comments(5) | trackbacks(0) |
ある日の五十郎
7月14日流舁きの直会から帰って、シャワーを浴びて着替えます。若い人たちはまだまだお片づけです。
○藤さんと「遊膳」に行ってくつろいできました。帰ってくると、当番町の案内が廻ってきます。「町総代もーし、もうろうろう」と少し元気なさげにおらびます。突然!シャッターガラガラと開いて、わが町の町総代が出てきて「つかれちゃーとこ、ごくろうさん」と一言かけられました。当番町も.....
取締(寝ています)のところへも案内に行って、下新へ向かいます。

11時30分頃になると、飾山笠をほとく準備を始めます。大工さんもやって来ます。人形師の中野先生もやってきます。電気屋さんもやってきます。浮羽の皆さんもやってきます。もちろん町内の若い人たちもやってきててきぱきと働いてくれます。総務も出てきて、日付が変わるのを合図に解体が始まりました。ドラえもんは我が社に預かります。

1時からはお宮です。皆さんぼちぼちと集まってきます。桟敷係です。
2時入場開始、4時終了なんですが後から後からお見えになります。桟敷で見物される方々も大変です。遅くなったので町内に戻るのを諦め、社務所に長法被と招き旗を預けわれらが山笠に向かいます。

世界各国に送り出している特派員の一人から櫛田入り画像が送られてきました。

当番町すノ一の皆さんが境内能舞台前に集まっています。何をたくらんでいるのでしょうか。


境内にだんだんと人が集まってきます。


招き板を持った子供たちが待機中です。


ぼちぼち道が出来始めました。大黒流のおいしゃんたちが立っています。五十郎も笑っています。緊張感薄い面々です。


山が入ってきました。なかなか格好がよろしいです。


清道旗を廻ります。なかなか上手です。


山を止めます。上等でした。


この後祝い唄を唄います。

コースへ出て、須崎町の決勝点を目指しました。決勝点ではごめんなさい。
判る人にはわかります。七番山笠が決勝点へ入るまで小屋に帰ることが出来ません。見物していました。

小屋に帰ったら、手一本入れて、どくだみ特派員のレポートへと続きます。

うちのおかあちゃんが山を揺するのはどこですかと尋ねたけど誰も答えられなかったらしいです。うちのおかあちゃんが赤手拭に聞くか、もっとみんなが答えられるように覚えておくようにしましょう。とはいっても、当番町の町総代の家がどこにあるか知っているとも思えんし、誰が町総代なのか知らないのがほとんどではないだろうか。とみる。

おそろしく疲れていました。疲労困憊です。一睡もせず追山を迎えたものの身の不運です。

いろいろと身の回りのことを片付けながら、1時間ほど寝ました。須崎町のOつか元取締がドラえもんを受け取りにきたので、渡したりして大切な時間は過ぎていきました。

15日の夜○○の湯で反省会でした。わが町のふきだまり連中だけの会です。大いに反省して時間をすごしました。櫛田入りは右回りなので、○玉が右下がりの連中ばかり集めたほうが有利ではないかとの意見に対し、外科医二人が科学的に分析を加えておりました。非常にアカデミックな会合です。

連れて帰ってもらおうと玄関先で待っていたら、眠くなってついついバンコで転寝してしまいました。気がついたら捨てられておりました。冷たいやつらです。

翌日は朝から京都に行ってきました。祇園祭見物ではありません。義兄の身内の葬儀のためでした。見に行ってみたかったけど、時間がなかったので諦めて新幹線で帰ってきました。
| 平成20年山笠 | 16:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
追山廻り止めと素山送り・挨拶廻り取材
追山が終了をしました。

まだ、
たった半日しか経っていないのですが、、、
 えらい昔の事の様に感じるのは
毎年の事です。

 毒民は廻り止め近くで
見物をしておりました。

 カメラの腕が未熟で
まったく山に追いついていない画像です。
 すみません・・


 全コースのタイムです。




 見物人のほとんどは
七番山が通過をしたら
見所は終了と思い込んでおられた様です。
 大方の人が、
帰り仕度を始めたその時、、
 
 山小屋から
大黒流が再び動き出した事に
意表をつかれた様子でした。

 いわゆる
サプライズです。
知らない人にとって・・

大慌てでカメラを向ける人たちの
様子が写っています。

 知っている人間にとっては
どうって事無い事なのですが
周りが騒ぎ出すと
こちらまでつられそうです。




 ギャラリーは興味津々、
祝い目度多が始まり
山ゆすりが始まった時は
観衆がどよめきました・・・

 観衆の興奮が更に
フィナーレに華を添えます。

 廻り止めがホームの
当番町がちと
うらやまし・・


 山解きが終わり
素山送りです。



 廻り止めから
洲崎町筋を下ったすノ三での
当番町挨拶風景です。
 当番、本当にお疲れ様でした。


 同じく 受取町挨拶、
来年も頑張って下さい。

 とりあえず、
毒民の山笠実動取材は
これが最終だと思います。

 身の程をわきまえず
かなり山の近辺をうろついた事が
今になってゾッとしてきました。

 お気づきになられた方は
どうかお目こぼしを、、

 平に反省しております。
それでは
来年の山まで・・
| 平成20年山笠 | 20:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
これ な〜んだ?
KEN KENもうじき五十郎です

下の 画像 な〜んでしょ?
わかった方には 先着2名の方に 関東軒の ラーメンのスープだけ
ご馳走してもらえるように お願いしときます





今年一年 山台苦氏は 千里十里 に 通い詰めていらっしゃようで
来年は 関東軒に 通い詰めることになるでしょうね
| 平成20年山笠 | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
もぅ 一つのお片づけ
KEN KENもうじき五十郎です

諸事情により 追山 終えるまでの投稿は 差し控えていましたが 復活です

今年の 追山も大勢の 観客で ・・っと いう事は 多くの ゴミが

追山終え 8時過ぎ 博多中学校の生徒達 約40名のボランティア
土居通り 冷泉公園 神社境内の ゴミ拾いを 行いました







境内 土居通りのゴミは 太鼓台の所に 持ち込んでましたが
冷泉公園だけでも これたけの ゴミが

お手伝いに来てたのは 今年寂しい山笠だった 当番町O元取締 と KEN KEN
他流れも 寂しい山笠であった N流 N二区 K元取締 E流 TH町 K町総代

全員 公園集合後 瀧田博多祇園山笠振興会会長からの 感謝状を 櫛田神社 阿部宮司さん
が 生徒代表に 手渡されました

生徒諸君 ご苦労さまでした

| 平成20年山笠 | 12:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
ある日の山台苦3
上川端ではやはり少し待ち時間がありました。
その間に、土居流が受取町にやってきました。


儀式です。


8番山は解体されるのを嫌がっているようでした。


でも解体始まりました。九大の学生(サイクリング部)が大活躍しました。


矢切も建て方と逆に解体です。五十郎さんも見学に来られました。


この間にも、岡部山大工や美山山大工や鳶による中洲流飾り山や舁き山の解体もしています。上川端より早く終わったので、心配だったのか見に来ました。矢切を作った岡部山大工です。8番山の見事な櫛田入りをテレビで見て、大変に感動していました。


大黒流・土居流・上川端通の3台の山が積み込まれました。博多駅・中洲流は別便です。


ホテルオークラにも顔を出しました。当番町が元気に人形を持ってきました。飾り付け作業は、なぜかもうあんまりやる気が出なかったので、久我山大工にお任せしました。


大黒流の山小屋解体風景です。


土居流の山小屋解体風景です。


これから会社に戻りましたが、ちょうど前まで来たときに、西方寺前町の打上バスが発車しました。仕方ありません、もともと無理だろうなと思っていましたからショックはありません。

ショックだったのは、事務所でパンツを履き替えようとしたとき、中洲流からの電話で積み込み忘れが発覚しました。気持ちよく返事をし、トラックに乗って行きました。また少し汗が出ましたが、パンツはそのままです。

あまりに腹が減ったので、エルボンからスタミナの配達を頼みました。美味しかったです。

博多への献身、ここが限界でしょう。
| 平成20年山笠 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
追山
某特派員から画像が送られてきました。

















山台が翌年の当番町つノ一に送られます。





| 平成20年山笠 | 09:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
ある日の山台苦2
午前4時過ぎに事務所に戻ってきました。

あれから、夜10時に、
ちょっと連絡ミスで混乱しましたが、上川端のぜんざい広場の飾り山を解体し、

ちょっと遅刻しましたが、今朝の0時過ぎから博多駅飾り山を解体し、

駅から帰ってきた午前4時ごろ、腹が減ったので西方寺前町の事務所で握り飯と麦茶を飲み、

事務所に戻って転寝をしていたら、オッショイの掛け声で目覚め

窓から外を覗いたら恵比須流が走っていて


しばらくすると土居流がやってきました。子供たちです。


土居流2


土居流3


ですから、大黒流が近くを通ったときは寝ていました。
上川端通から電話です。予定より早く山の解体ができないかと!
こればっかりは難しいです。今日の今ですから。
しかし、8番山は立派に走ったとのこと。
また少し、のぼせ上がりそうです。

さあてと、とにかく、上川端に行きます。
| 平成20年山笠 | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
7月14日のほのぼのとした雰囲気?
いよいよを前にして、わが町川中では記念写真です。この緩みきった雰囲気の中でわが町の取締は町総代と飾り山笠総務を従えて中央に座ってしまいました提灯屋の宮総代のおいしゃんや五十郎も端っこです。


ドラえもんを撮影するおじょうさん方です。こちらの気持ちも緩みます。


そんなところへもうどうぞという一団がやってきました。


当番町です。誰が誰だかわかりません。


といったところで、飾山笠ほときます。1時からお宮です。
| 平成20年山笠 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/10PAGES | >>