Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
日本色彩学会第39回全国大会
日本色彩学会第39回全国大会が5月17,18日、福岡工業大学で開催されました。いろいろな催しが行われたようですが、我らが山笠も九州各地の研究発表のひとつとして取り上げられました。大黒流総合サイトの全面協力です。従いまして、大黒流中心になってしまいましたが、他流の皆さん悪しからず御了見ください。我々の狭い世間とは全く違ったところでの出来事でした。

第39回全国大会[九州]'08 シンポジウム「九州の色彩と文化」
 日本色彩学会の初の九州開催ということで、九州の文化を色彩の面から見る「九州の文化と色彩」を企画しました。シンポジウムの基調講演として、九州国立博物館・文化交流展示室長の河野一隆氏に「北部九州の装飾古墳」について講演をお願いしております。北部九州には、福岡県桂川町の王塚古墳をはじめ、装飾古墳が多数あります。それらは、大和朝廷時代の6世紀のもので、大和地方では見られない九州独自の文化だそうです。装飾古墳には、まだ、多くの謎が残っており、講演では、最新の解析技術の話をおりまぜて、その謎に迫っていきます。基調講演後、関西支部九州色彩ネットワークの協力を得て、九州・沖縄の文化や伝統工芸などを取り上げ、そこで、用いられている色彩の特徴・歴史的な背景などをご紹介いたします。シンポジウムでは、概要発表となりますが、ポスター発表にて、取り上げたテーマ(下記参照)の詳細を発表いたしますので、楽しみにしてください。

○基調講演「北部九州の装飾古墳」(講演60分、質疑10分を予定)
九州国立博物館企画課文化交流展示室長 河野一隆(かわのかずたか)氏 

○ポスター概要発表「九州の文化と色彩」 (講演20分を予定)
協力:九州色彩ネットワーク
発表のテーマ(仮題も含む)は以下のとおりです。

[福岡県] 博多祇園山笠に見る色彩(仮題)
[福岡県] 博多織の伝統と未来(仮題)―博多織のよさと五色
[福岡県] 久留米絣―絣のよさと藍
[福岡県] 大宰府と紫草(ムラサキ)
[長崎県] 長崎くんちの歴史とその背景にみる色彩
[佐賀県] 佐賀県における色絵磁器について(仮題)―伊万里焼とは?
[大分県] 宇佐神宮における文化と色彩(仮題)
[熊本県] 肥後象眼と武家文化―黒と金のコントラスト美
[宮崎県] 高千穂夜神楽・椎葉夜神楽・諸塚夜神楽における色彩の伝承
[鹿児島県] 薩摩切子の歴史と色彩の特徴について(仮題)
[鹿児島県] 奄美大島紬の染色と制作技法について
[沖縄県]首里城外壁の弁柄色―塗料屋の、また薩摩藩の末裔の観点から


大会当日の看板です。
日本色彩学会看板

九州各地12の研究発表のブースが並んでいます。
日本色彩学会展示ブース

山笠展示のブースです。
山笠展示ブース

手前は長崎くんちのブースのようです。模型が置いてあります。
展示ブース

発表を行った長井さんは大忙しだったようです。
長井さん大忙し

発表を行った長井さんからのお礼のメール(抄)です。本人の承諾なしに掲載しています。
ようやく全国大会の発表も終わりほっとしています。
九州初上陸の方々に1から説明する難しさを知りました。
しきたりや柄や色彩での識別や役割を大変珍しがられて、特に手拭いに関しては珍しい配色だそうで、掘り下げて研究を続けてくださいとの声を頂きました。
今後もあれこれお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

とのことでした。

そもそも山笠は形の無いもので、博多らしくその場限りのものです。ザーッとしたもんです。そんなこんなで、高尚な学問の場で受け入れていただけるのか少々心配いたしておりました。門外漢の私ですが、高名な先生方も興味深くご覧になっていたとのことで、成功だったのでしょう。長井さんお疲れ様でした。

山台苦のおいしゃんの仕事が始まったようです。6月からは我々町方は法被姿となります。五十郎には、当番町特派員を引っ張り込む仕事が残っています。
| 日常 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
花咲き誇る旬
永らくご無沙汰いたしました。話題が無いことを悲しむべきか喜ぶべきか。
満開であります。春爛漫といった気候でもありました。ほんの一旬程ですが美しい桜の花を眺めることができますね。あと数日のことでしょうか。

4月5日は櫛田神社の花見でありました。宮総代、宮世話人、敬神婦人会のみなさん、山笠、松囃子関係者等が三々五々集まって花を愛で、酒で喉を潤し、料理に舌鼓を打つ、至福の時であります。

ここは西流の皆々様方であります。
櫛田神社のお花見

社務所の横にも青毛氈??が敷かれておりました。
櫛田神社のお花見その2

和気藹々とした雰囲気で時は流れて行きました。呉越同舟とも呼ばれていますね。

冷泉公園ではご家族でお花見の真っ最中でした。ほのぼのとした雰囲気です。
冷泉公園のお花見

こんななか、額に汗して働く町の衆もおります。
皆様が花見の最中に真面目に働く男
気の毒ですね。

博多小で問題が発生したとの報道がなされ、皆さんご心配なさったかと存じます。Y新聞に書きたてられたその夕刻、博多小において保護者会が催され、保護者に対して縷々説明がございました。並み居る保護者の皆様も得心して帰られた様子とのことでした。真に時宜を得た措置であったかと感心することしきりです。何事も眉に唾をつけてご覧くだされとそんなところです。

新年度人事も落ち着いたようです。1か月も経たずにどんたくです。楽しい話題を提供できるように心づもりいたしております。

新年度人事(判っているだけ、違っていたらごめんなさい)
町名 町総代 取締
すノ一 松汐浩 松井将
つノ一 楢尚弘 黒岩弘治
下新 木村信博 神代貴宏
麹屋 河原田嗣徳 青木雅義
古ノ一 青木綜一 浦千代始
川中 眞鍋儀平 平川陽一
すノ二 藤尾朝昭 深川正樹
川端 樋口葛尚 武田豊史
すノ三 青木桂司 和田民雄
古ノ二 長順介 上村寛
寿通 松本謙一 久冨光英
つノ二 東野修一 山中重雄
| 日常 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月13日の出来事
冷泉公園でどんと焼きが行われました。どんど焼きのほうが一般的でしょうか。左義長(さぎちょう)と云うらしいですね。

消防団の皆さんご苦労様でした。
どんと焼き

福がやってきそうです。
どんと焼き

櫛田神社では鏡開きです。

宮司のご挨拶です。
鏡開き

お造りを肴にお神酒を頂戴します。
鏡開き

ぜんざいが振舞われます。
鏡開き

参加者多数です。
鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

鏡開き

福引が始まりました。
鏡開き

福引も佳境に入ります。
鏡開き

お米があたりました。
鏡開き

最後は祝唄三番と手一本
鏡開き
| 日常 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます
皆さん、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

本サイトの方はだんだんと充実してまいりました。ひとえに皆様のご協力の賜物と感謝いたしております。とは言え、完成することのない作業が続いているものと実感いたしております。今後もご協力お願い申し上げます。

近々の予定としては、昭和30年台から50年台にかけての町総代の記念写真をアップする予定です。川中もうすぐ四十郎が頑張って作業しておりますのでご期待ください。

今月は、正月の甲子講、取締の新年会などの行事があります。退役する予定の取締は最後のお仕事です。
26日にはサイトの世話人会を催します。

自分も個人的に多忙を極めます。サイトの世話人の皆さんにはご迷惑をおかけしますがこの場をお借りして宜しくお願いしておきます。
| 日常 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
オッペケペ3
新しい写真が手に入りましたので、調子に乗って投稿しています。

オッペケペコーラス隊の隊長が挨拶しています。なぜか隊員が笑っています。


古川隊員の熱唱です。


大黒流以外の大勢のギャラリーです。


ペペ隊員は少し緊張してあっち向いていますが、頑張っています。


イベント終わりには歌った四組全員で挨拶です。ペペも頭を下げました。


ペペの礼を見て、みんなが笑っているところです。
みんなが笑っているのを見て、ペペも笑っています。


右側に女性! いつの間にか隊長の追っかけが来ていました。


まっ、そういうことで、これで終わりです。
| 日常 | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
オッペケペ2
取り合えずというか、コピー用紙から取り込んだ
博多オッペケコーラス隊の画像が手に入りました。
古川隊員の息子さんの中学校先生が撮られたそうです。

全員自己紹介したんですが、北垣隊員とペペ隊員(犬)です。


やってかましているところです。実は、扇子の裏側に歌詞が書いてあります。


まだ、博多座からオファーはありません。
| 日常 | 10:44 | comments(7) | trackbacks(0) |
オッペケペ
昨日、承天寺でオッペケペやってかましてきました。寒かったです。
大勢の大黒流の応援団が幟(のぼり)や横断幕を引っさげてやって
くるものと信じて疑わなかったのですが、甘かったです。
まったく・だあれも、来ていませんでした。

オッペケコーラス隊のメンバーは5人と一匹で、数百人の
応募の中から厳選されたイケ面で芸達者な方々です。
大黒流が、北垣:すの一(千里十里)、ペペ:すの一(犬)
       古川:古の二(前取締)。 
中洲流が、井上:四丁目(取締・博多荘)。
土居流が、岩松:西方寺前町(58歳の若手)、山台苦、でした。

四組がオッペケペをやりましたが、我々は二番目にやりました。
自分で言うのもなんですが、大変好評でした。前日、千里十里で
朝まで飲んで練習した成果が出ました。
私を除き、初めての方々ですので、歌詞を間違わずに言うので
精一杯でしたが、残ったアルコールで勢いがあり、すらごと踊りや
歌の面白さは出せたのではと満足しています。

ギャラはありませんでしたが、歌ったあと、いろいろ取材も受けました。
ひょっとしたら、次は博多座かもしれません(支配人が見ていた)。
そしてそのうち、東京に打って出るかもしれません。
その時は、ギャラ無しではやりません。

川上家挨拶


他の演技者(土居流浜小路出身)


オッペケコーラス隊(待機中)


残念ながら、我々が歌っているところの写真がありません。
五十郎さんも期待されてあるようですし、主催者に尋ね、
写真を手に入れたら投稿する予定です。

追伸:最後は、例によって、祝いめでたと手一本でした。
    石村萬盛堂(すの一)の社長さんが一番を歌われました。

| 日常 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
オッペケペ
こげなことで
ブログを使って良いかどうかわからんけど?

オッペケペを11月11日(日)午前10時からやることになりました。
4〜5人、オッペケコーラス隊員を募集します。
歌は、NPO博多まちづくりHPに載せています、
まちづくりオッペケペと山台オッペケペです。

これは長谷川法世さん(川上音二郎忌世話人会会長)
からのお願いです。
会場は、川上音二郎の墓がある承天寺です。
| 日常 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
9月になりました
なんの話題も無いまま9月がやってきました。ブログ大黒流を楽しみにしておられる皆さんには太変申し訳なく思っております。ごめんなさい。

さて、9月といえば筥崎八幡宮の放生会です。社頭は大いに賑わいます。

ところで、九州三大祭とはどの祭りを指すのかご存知ですか?
正解は、長崎のおくんち、八代の妙見祭、筥崎の玉取祭だそうです。

えーっ、なんで?とか思わないように。これはこれでよろしいのです。山笠は博多三大祭のひとつだそうですから。そもそも三大祭りになんぞ意味がありません。どこの祭りも足元のしっかりした立派な地域の誇りです。

博多三大祭は、どんたく、山笠、おくんちでしょう。櫛田神社の春季大祭がどんたく、夏季大祭が山笠、秋季大祭がおくんち、と、こうなります。放生会は?との疑問があるでしょうが、筥崎さんのお祭りなのです。

今年の秋季大祭は、10月22日の浜宮祭で幕を開けます。23日大祭、24日御神幸です。24日夜は、1250年記念祝賀会を予定しております。
今年は、千二百五十年ということで、神輿が三基でます。大神宮の神輿町は上川端町、櫛田宮の神輿町は冷泉町、祇園宮の神輿町は祇園町。それぞれ、門田敏郎、森下章一、増田哲夫各総代が宰領を務められます。
日程は以下のとおりです。

10月22日 午前10時 浜宮祭 於浜宮
10月22日 午後4時 神輿潔め 櫛田神社より浜宮
10月23日 午前10時 大祭 本殿
10月23日 午前11時 餅撒き 清道
10月23日 夕刻 千灯明
10月24日 正午 発輿祭 清道
10月24日 午後12時半 御神幸出発
10月24日 午後4時半 着輿祭
10月24日 午後6時 千二百五十年祝賀会

尚、22日23日は終日五穀豊穣市を境内にて催します。

大祭に先立ち、相撲大会と柔道大会が奉納されます。
10月12日 午後2時 奉納相撲大会 清道
10月14日 午前9時 奉納柔道大会 清道

かつては、御神幸に続いて、博商会による第二部がパレードに参加しておりましたが、今はなくなってしまいました。博多小学校の金管バンドと中州連合会の獅子頭が続くのみです。少し寂しくなりました。
ついこのごろまで、九州各県のミスのパレードなんぞもやっておりました。うーんと昔は、進駐軍の奥さん方がアメ車のオープンカーから愛想を振りまいておりました。
武者行列なんかもやってましたね。
昭和29年のおくんち武者行列です。
昭和29年おくんち武者行列

昭和30年です。前列には少年が学生服姿で並んでいます。
昭和30年おくんち武者行列

御神幸は別として、出し物では長崎や唐津の足元にも及ばないおくんちではありますが、3番目ですから勘弁してください。

8日には、こっそりと、あくまで隠密で唐津を訪問します。もうばれてますけどね。曳山見て、本町の幕洗いを見物して帰ってきます。昨晩唐津支局長から電話がありました。中町の幕洗いの船の上からでした。エンヤエンヤと大盛り上がりの様子が伝わってまいりました。
| 日常 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
新年度の続き
13日は、櫛田神社の宮総代会でした。今年度最初の総代会で、新しい任期の始まりです。

退任は、川端町 松尾醇之助総代、対馬小路 山田正治総代、須崎町 阿部浩之助総代、奈良屋町 加峯総代の4名です。

梅津 恭二  上呉服町
遠藤 嘉汎  下呉服町
門田 敏郎  上川端町
北方 邦明  店 屋 町
清武 義孝  中 洲
後藤 久義  奈良屋町 2度目
長 順介  古門戸町
藤 輿八郎  中 洲
東野 修一  対馬小路 新任
徳久 敏幸  大 博 町
内藤 博文  築港本町
波多江 五朗  山笠振興会
樋口 勝久  川 端 町 新任
藤本 稔  千 代 流
増井 雅臣  神 屋 町
増田 哲夫  祇 園 町
光安 康浩  中呉服町
本山 道徳  御供所町
森下 章一  冷 泉 町
山下 矩生  松囃子振興会
和田 寿雄  須 崎 町 3度目

責任役員の選出は、旧4校区から1名ずつとなっています。
本山総代、森下総代、光安総代が再任されました。昨年9月以来空席となっていた奈良屋の責任役員には、後藤総代が選任されました。

神社境内内の飾り山の表題が決まりました。
境内飾り山標題
なんと書いてあるのか判らないような映りの悪さです。
表は「醍醐の花見」、見送りは「神武東征」が題材です。表題は発表まで待ってください。というか、よく覚えていません。
見送りは「神武天皇東征譚」だったような.....



| 日常 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>