Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
<< どこでもテレビ博多 | main | 9月〜10月 地域行事です >>
博多的出来事
毎日当ブログを御覧になっている方々をガックリさせないため、期待に応えるため、また黒岩特派員から「出せ」と言われたので、無理やりブログ埋めます。

昨晩の19時40分、私こと山台苦は、一日の仕事に疲れた足を引きづりながら、とぼとぼと会社(栄進建設)に戻っていました。なんか騒がしいなあとそちらのほうを覗くと、会社前(西方寺隣)の筒井宅玄関先で酒盛りが行われていました。筒井夫婦と息子のダイスケ、仁伊島の三女である「あゆみ」一家や、川端町前取締の武田君、リバレイン管理の中田君などによる店(筒井床屋)のご近所さん達による宴会です。

筒井氏と目が合い、そのまま通り過ぎることは不可能で、会社に戻ることなくブルーシートに坐ることになりました。

ほんのちょっとだけ(ビール一杯)飲んで失礼しようと思っていましたが、そこにまたフラフラアッと黒岩特派員が明りにひきつけられるように前を通りかかりました。彼は居酒屋に行く途中でしたが、ここでも強引に呼び込まれ、同じくブルーシートに坐ることになりました。「失礼するタイミングが少し延びるな」と思いましたが、原酒などを飲んだ頃から少し酔いが回ってきました。

何を話したかだいぶ忘れましたが、二点覚えています。一つは息子ダイスケの嫁さん捜しです。いま一つは筒井家の悩ましい問題で、自宅は西方寺前町にあるが山は店がある大黒流で出ているので、西方寺前町でのご近所づきあいの場がないという、奥さんの話です。この二点は筒井家だけではなく、博多部で暮らし営みをする多くの方々に共通する問題ではないでしょうか。大きくは博多部自治の複雑さがあります。新町名と旧町名(土居流は旧町名で構成)、旧小学校区ごとの自治協議会、自治会と流などです。

しばらくするとまたまた誰かが通りがかりました。なんと、ブログ管理者の鉄砲屋さん(五十郎さん)ではないですか。もう笑ってしまいます。彼も腹いっぱいだからと辞退しようと少しあがきましたが、やはり同じようにブルーシートに坐る羽目になりました。ここらへんから「だいぶ酔っ払ったな」と感じてきましたが、相当今日は疲れていたようで、アルコールは急激に体中を走り回りはじめていました。

ついには完全に酔っ払い、五十郎氏と山台苦で、築港本町にある「割烹着女将」の店に行こうということになりました。黒岩特派員はどこかに行ってしまいました。おそらく、本来行こうとしていた居酒屋でしょう。残念ながら割烹着女将は店に居ませんでした。もう店じまいをしている最中でお客も2人ぐらいで、我々は早々に店を出ました。五十郎氏は、焼き鳥を待っている家族の元に帰りました。私はというと、完全にちどりあし状態で、つノ一にあるラーメン屋さんに寄ろうとしましたが、ここもすでに店じまいしていました。店主も少し唖然としていました。

筒井家玄関先での宴会風景1。この段階では黒岩特派員も立ったまま飲んでます。筒井婦人はお酒を飲むと大変しゃべられます。良いことです。


筒井家玄関先での宴会風景2


筒井さんと仁伊島の三女である「あゆみ」さん。昔、ぎんなんリトルラガーズで山台苦が教えていましたが、すでに結婚し二人の子供のお母さんです。


右側二人は独身です。中央がダイスケ君で確か30歳です。彼もぎんなんリトルラガーズで山台苦が教えていました。右側は川端町前取締の武田君ですが、彼も嫁さんを捜しています。ダイスケ君より年上です。二人の嫁さんに関するお尋ねや情報は山台苦まで連絡ください。急いでいます。


ブルーシートに坐っている五十郎氏です。腹が出てきています。左側の顔は黒岩特派員ですが、居酒屋をどうしょうかと考え中です。


そういうことで今日も二日酔いです。みなさん、博多の町をのんきに歩いていると危ないですぞ。

追伸:先日の山台解きで紹介した博多山男大好き独身女性のことですが、あの時できた二つのカップルの内、一組はデートなんかもしています。ひょっとしたらひょっとするかもしれません。
| 平成20年博多うちの話題 | 15:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
山台苦殿、ご苦労様です。

パタッと話題がない時期になっております。

迂闊にも博多うちを歩いていた五十郎が悪かったのですが、実際のところ早く帰って寝たかった。最後の写真に疲労の色が色濃く現れております。KENKEN特派員は更に濃いようです。寝てましたね。

今日もまじめに帰宅しよーっと
| 川中五十郎 | 2008/09/16 4:45 PM |
俺も最初は早く帰って寝たかったけど、
酔っ払ってしまいそれなりに面白かった。

博多の話題とすべきものはある!

これまでの経験から、
どうせ、来訪者の反応が無いと予想されるが、
当ブログ開設意義とそぐわないかもしれないと思うが?
「まちづくりの視点」で話題を提供したいのだが!

五十郎氏の了解があれば、くじけずに投稿を頑張るが!

しっかし、一体全体、博多のみんなは、
博多の将来をどげん考えようっちゃろうかね?

自分自身のことも大変やけど!
| 山台苦 | 2008/09/16 7:44 PM |









http://blog1.daikokunagare.com/trackback/966196