Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
<< 町家ふるさと館 夏祭り | main | 無事帰国しました >>
平成20年トドメ
山台解き5台、挙行しました。
平成20年度最後?の山笠作業です。
猛暑の中、51人?(はっきりしません)の参加者がありました。

大黒流の山台、解きはじめました。
当番町と受取町、それに麹屋番のみなさんです。1番棒受けに何かぶら下がっています。


一昨年山台解きを手伝った千里十里大将がチェックしています。


久我山大工は山台の中から目を光らせています。


山台解きは来年の山が始まっているのですが、当番町と受取町、何を思いながら作業しているのでしょうか?


少し手順を間違えました。胴金を先に取っておくと簡単です。女性2人が「何を手こずっているのかな?」と覗いています。


草取りをしているのではありません。
今年6月まで空港ビルに飾られていた人形があるのです。


大黒流の若手による山笠人形の解体です。
山笠人形が最終的にどのように処分されるのか良く分からないところですが、
流若手による解体は一つの理想でしょう。


中洲流の山台解きです。気合が入っています。
本来午前10時の現地集合でしたが、9時ごろには到着していました。
右端に立っているのは美山山大工です。


屋外での作業、誰か倒れるのではと心配しましたが、大丈夫でした。


夏休みの課題ということで、子供も参加しています。大変喜んでいました。


中洲流さんには、走る飾山(8番山)の解体もしてもらいました。


杉壁の解体も同時にしました。面白かったでしょうか?


土居流の山台解きです。受取町の川口町さんが主にやりました。


西方寺前町といえば、相変わらずソーメン作らされています。
削り節屋の取締は、完全にソーメン大将になりきっています。心配です。


4台の山台は解体され、並べられました。来年は整理棚が必要です。
縄など解かれた博多駅は別棟にあります。


ソーメン犬のペペ(オッペケ隊員)も参加しました。少し緊張しています。


直会の頃にはすっかり馴染み、ソーメンをおねだりしていました。


さて、直会です。席に着くだけでも大変です。


ソーメン隊も乾杯だけは一緒に席に着きました。


肴はキュウリとチクワだけです。チクワは土居流方式で“ねじ切り”し、キュウリは“キュウリ断ち解き”ということで折られました。山台苦は皆さんと違い、今日までキュウリを口にしていないのです。


中洲流のシマです。手前のK赤手拭、完全に解放されてます。


土居流受取町のシマです。


大黒流のシマです。


たまたま?千里十里大将の前に女性が坐り、このシマは大いに盛り上がってました。


デジタルハリウッド福岡校(映像関係の専門学校)の生徒さんが参加しています。機材の準備をしています。山台苦が招待したもので、女性2人にはちゃんと、当山台解きの隠しテーマを伝えています。


大黒流の山台解きを見ていますが、独身男をチェックしているのかも?


直会では男の参加者全員がその場に立って一言挨拶をし、独身であるかどうかも言いました。女性2人(博多山男大好き独身女性)は、特別にバンコをお立ち台にし、どの博多山男に興味がわいたかを発言していただきました。


その結果、できた一つのカップルは、土居流受取町の川口町若手です。


もう一つのカップルは、中洲流受取町の4丁目若手です。

※大黒流からはカップルが出ませんでした。来年に向けて大きな課題ができました。

千里十里大将に“もうそろそろ”を言っていただきたかったのですが、
いきなり、“祝いメデタと手一本をするぞ”という発言になりました。
中洲4丁目、川口町、つノ一の取締でやりました。


これで今年最後かなと、力いっぱい唱和しています。


最後はすノ一赤手拭さんによる手一本でした。完全にブログ特派員であることを忘れています。


直会も終わり解散ですが、話に花が咲きなかなか帰りません。


もう今年はこれで終わりでしょう。
体調が優れません、UNKOの出が今一です。
来年までには完全復活をするよう過ごします。

今から、美野島まちづくりショップ“ゆらりん”です。
キッチンドリンカーになっています。
誰かどげんかしちゃらんかいな!

書き込み途中ですが、ちょっと出かけます。
| 平成20年山笠 | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog1.daikokunagare.com/trackback/950756