Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
<< 博多中学校の山笠続報 | main | 御面送り >>
博多中学校体育祭
5月18日、博多中学校の体育祭が賑々しく催されました。

とはいえ、五十郎自身は野暮用で熊本出張だったので現場に行けずじまいでした。KENKEN特派員から画像が届きましたのでアップしておきます。

はじめに手を入れています。
中学校山笠

一番山笠蒼迅流が清道を廻ります。表題は蒼天貫風如です。なんと読むのかは自分にはわかりませんが、あおかぜのごとくてんをつらぬく か てんをつらぬくことかぜのごとし のようなものでしょう。いずれにしてもスーパーサイヤ人です。
中学校山笠

二番山笠輝跡流が清道を廻ります。表題は輝進奮闘心です。なんとよむのでしょうか。独眼流伊達政宗公でありますな。丹下左膳ではありません。
中学校山笠

毎年恒例の記念写真。中学校時代のよき思い出となりますね。
中学校山笠

丹下左膳と言えば百萬両の壷が有名で、こけ猿の壷をめぐってのコメディーでありました。故徳重純司さんがこよなく愛しておられました

自分たちのころは平和台陸上競技場で、走らされていました。800mの選手など無理やり決められて、2周目は地獄を見たうえ、尻が割れていました。

しかし、中学校の山笠は舁くというより担ぎ上げて走っています。グラウンドが傷むので致し方ないことでしょうが、かなりハードではあります。いつの世も中学生は大変なんです。
| 平成20年博多うちの話題 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog1.daikokunagare.com/trackback/869650