Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
<< 別冊の話題(つづき) | main | オッペケペ3 >>
オッペケペ2
取り合えずというか、コピー用紙から取り込んだ
博多オッペケコーラス隊の画像が手に入りました。
古川隊員の息子さんの中学校先生が撮られたそうです。

全員自己紹介したんですが、北垣隊員とペペ隊員(犬)です。


やってかましているところです。実は、扇子の裏側に歌詞が書いてあります。


まだ、博多座からオファーはありません。
| 日常 | 10:44 | comments(7) | trackbacks(0) |
オッペケペの皆さん。
是非、出演をお願いしたいと思っておりますので、ご連絡ください。
| 博多坐 | 2007/11/15 2:37 PM |
!?!?!?
いたずらメールだな。
こういうのが博多とブログの質を低下させる。
管理者殿には手数をかけるが消して欲しい。
このメール自身も。
| 山大苦 | 2007/11/16 7:08 AM |
早速のオファーおめでとうございます。
博多ずわりってどこにあるんですか?

とにかく、オッペケペコーラス隊の皆さんが、歌詞覚えることも半ばであったにも拘らず、やってかましたところに意義がありますね。

やってかませるということは、準備不十分にも拘らず、十分な実力と他人をかぼちゃと思えるほどの度胸が具わってなければできないということです。

山笠のときもやってかましているから、この位なんてことないでしょ。
抜きさしならない事態が目前に迫った時に出るセリフが「どう、やってかましとこうや」と、こうですものね。
| 川中五十郎 | 2007/11/16 10:35 AM |
五十郎氏のおちょくりメールだったのか!

「博多坐り」とは、場所のことではなく人の格好のことだ。
博多辞書によると、バンコの長手方向に向いて腰掛〜左足を
バンコ上で組み〜右足は地面につけている様子のことを博多
坐りと言い、バンコ将棋などで多く見られたと解説してある。

道路上にバンコ一つ置くにも警察や区役所の許可が必要な
この時代、日常、その姿を見ることはまったく無くなった。
まことに生活しにくい日本になってしまった。

本来、道路は地域コミュニティのインフラなわけで、行政は
地域住民が自由に道を使えなくしておいて、コミュニティの
重要性を説くなど馬鹿馬鹿しくて寝られなくなる。

空洞化した博多部のまちづくり実現に、博多坐りの復活を
目指そうではないか!五十郎さん!まずは、博多銃砲店前
でやろう!いつの日か、「あっ、博多坐りのオイシャンが
おる」と、子ども達や若い女性から呼ばれるようになるか
もしれない。
| 山台苦 | 2007/11/17 7:55 AM |
いつの日かと言わず明日からでもOKですが、私物のバンコを持っていませんので実行できません。

これから寒くなるので、バンコで佇むのも辛いかもしれません。

バンコに腰掛けようとすると、自然と跨ってしまいます。既に博多坐りに侵されているのでしょうか。

| 川中五十郎 | 2007/11/17 8:16 PM |
バンコはどうにでもなるが、冬は根性と使命感がいるな。

しかし、屋台を考えれば、冬用バンコもあって良いのでは。
炭や電気仕掛けのコタツのような。
新しい博多文化の創造だ。将来、屋台がどうなるか分からん
この時代、道を地域が取り戻す運動としても意味がある。

とりあえず、店や居酒屋のイスに座るときには必ず「博多坐
り」をするように心がけ、これを社会運動にまで広げること
だな。もちろん、男女共同社会が目指されている今日だから
女性にも参加してもらうべきだな。女にもてる五十郎さんだ
からこそできる部分かもしれない。俺は駄目だ。

いつの日か、「バンコ坐り」という、大変楽しいスナックが
できるかもしれん。男と市民の勝利だ!(山の台上がりは無
理だからな〜念のため)
| 山台苦 | 2007/11/19 8:06 AM |
寒い!

バンコは無理ですな。
来年の春になってからにしましょ。
女性は「博多女坐り」を開発しましょう。女性らしく、色っぽいものにしたいのであります。

来年のドンタク、山笠のときは、町々にバンコに坐る人たちが見られることでしょう。
| 川中五十郎 | 2007/11/21 10:38 PM |









http://blog1.daikokunagare.com/trackback/703683