Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
<< 明日は花見 | main | 博多中学校と小学校の入学式 >>
内田改造さんの思い出
内田さんがお亡くなりになられました。

内田さんは大正12年生まれで戦前は川口町に、戦後下洲崎町(現在の須崎町)にお住まいでした。昭和33,34年下洲崎町の取締を務められ、昭和56年のすノ三当番の年には体調を崩された故国崎秀法さんに代わって急遽当番町の町総代を務められました。この年から昭和62年まで町総代を務めておられました。

昭和33年の取締記念写真(後列右から二人目)
昭和33年取締記念写真


昭和56年のすノ三当番記念写真
昭和56年当番記念写真

内田さんは焼印屋さんでした。お伺いすると焼印の型を作っていらっしゃったことを思い浮かべます。仕事が一段落するまで黙って眺めていました。職人としての誇りを持って仕事をなさっておられたのだと思います。

型紙から焼印の方を彫っておられました。
内田さん焼印の型紙

うちの親父と親しかったので、自分も可愛がっていただきました。川口町時代の話や、戦後の山笠や松囃子の話も聞かせていただきました。

内田さんが書かれた博多手一本についての考察です。諸説ありましょうがご一読ください。

《博多手一本についての考察》
博多手一本とは、会合の最後に、その間に話し合われた申し合わせ事項決議等、直会を含めて無事目出度く終わったと謂う事を全員で確認し後日異議を唱えないという約束を形に表したもので、解散の合図とも成る。
以上は典型的な手一本であって、その外いろいろの名場面で行われるが、何れの場合でも賛成合意の證として行われる固い約束の所作である。
手一本の音頭はその座の長、亦は之に準ずる者がとり、これが入ると全員一斉に席を起つ、これが博多の真骨頂でもあり、しきたりでもある。

解釈とその要領
両手を肩の巾に拡げ、声を出す構えに入り、息を吸い込むと自然に肩が上がる、この肩に力を入れて下ろし乍ら声を出すと腹の底から力強い声が出る。
「いよーシャンシャン」、これがきっかけの掛声で第一回目、一回では心細いのでもう一回しようと云う事で、「も一つしようシャンシャン」、二回手を打ったが、更に念を入れて三回と云う事で、「よーと三度シャシャンシャン」と成る。博多ではよく念を入れる事を「よーと」と云う。よーと勉強する様に、よーと戸締りする様にとか。
「よーと三度」の抑揚節回しは「よーと」の「と」と「三度」の「ど」の音が下がらない様にする。むしろ上げ気味、民謡の「大漁唄い込み」のエンヤトットと同じ音階。

【追記】
博多祝い唄、合唱の仕様
音頭とりが第一小節を独唱、二小節目の繰り返し部分より合唱となる。

大黒流 すノ三 内田改造




お通夜 4月7日 午後7時
お葬式 4月8日 午前11時
会場はともに善龍寺(中央区唐人町1丁目8番)

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
| メモリアル | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog1.daikokunagare.com/trackback/1085515