Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ブログ大黒流

毎日が大黒流
ドゥロス号おそるべし
13日(日)ドゥロスを見に行きました。ところが.....
ドゥロス号その1
この状態です。とっとと帰ってきました。後からあとから続々とやってきます。

何も見ないのも寂しいので、ちくぜんを見てきました。
ちくぜん

14日(月)8時半くらいに、ドゥロス号乗船に出かけました。
ドゥロス号書店
書店はこんな感じです。午後9時までは乗船できます。10時で閉まります。

山台苦氏の山大工ニュースが始まりました。ご贔屓に。

流のサイトでは、新しい試みとして、動画をアップしました。かわら版みてください。

テレシネとやらをやってみました。とはいっても機材は、8ミリ映写機とビデオカメラです。8ミリを壁に映写してビデオカメラで撮影するという原始的な方法です。見づらいかもしれませんがご勘弁ください。
| 暇ネタ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
大相撲十一月場所
明日初日を迎えます。

去年は中日に我が家の悪童とその相棒の極楽コンビを連れて見物に出かけました。我が家から歩いて一分と近いので、らくちんです。
桟敷席は半分から後ろのほうが空いていて、ちょっとさびしい気がしましたが、椅子席のほうは、沢山入っていました。桟敷席の4万円は個人で見に行くのにはちょっと考えてしまいますね。相撲人気が落ちていると言うより、企業の接待でつかっていた分が減っているのでしょう。
椅子席のほうは、外人さんが沢山観に来ていました。椅子席の料金は3,000円で、子供(中学生まで)は200円と極端にお安くなっています。極楽コンビは桟敷で観たいなんてほざいていましたけど。

ところで、結びの取り組みが終わった途端にお客さんが座布団を投げるは何とかなりませんかね。不粋極まりないと感じます。外人さんはわけがわからないので、面白がって投げていました。
座布団が舞うのは、年に一度あるかというくらいの大事なんですね。横綱が順当に勝って花道を退がっているのに座布団が舞うのはいただけません。

昨日は前夜祭でした。某新聞社の記事に「2人の力士が土俵で「ドタバタ劇」を演じ、会場を沸かせた。」とあるのは「初っ切り」のことなんでしょうか。たぶんあたりです。この記事を書いた記者が若く、「初っ切り」を知らなかったのか、「初っ切り」では読者が解らないと親切に書いたのか判断がつきません。前者であれば見識不足、後者であれば読者を馬鹿にしたものなんですが、たぶん前者でビンゴでしょう。相撲を知らない世代のほうが多勢なんでしょう。

明日、九州一周駅伝も西日本新聞社前でフィニッシュです。宮崎県が駒不足だそうで、コーチの森下由輝選手も出走しました。山口県はカネボウの選手が抜けて下位に低迷しています。それにしても優劣を問わなければ、どの県のチームもよくこれだけ選手を揃えることができるものだなと感心することしきりです。

今年の場所では、十二日目のチケットを買いました。極楽コンビと楽しんできます。
| 暇ネタ | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
負けてしまいました
また来年です。今年の楽しみはおしまいです。実に残念です。

来年は、ホークス、ライオンズ、オリオンズ(実はマーリンズ)の争いでしょう。フライヤーズ(実はファイターズ)はちょっと厳しいかも。予言です。

明日は奉納相撲です。櫛田神社に応援に行きましょう。
| 暇ネタ | 23:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
こんな勝利を待っていた
ホークスがライオンズを破りプレーオフセカンドステージ進出を決めました!東西の両雄対決を制しましたね。沢山書きたいことがあります。野球のこと何回か続くかも。

寺原はらはらなんだけどよく投げました。柳瀬、藤岡良かったですね。ズレータはユニフォームを掴んでフォアザチームをアピールしていました。

思えば、パシフィックリーグのライバルチームの対決、福岡のライオンズ、大阪のホークス、フランチャイズは変わっても未だにライバルチームなんです。
野武士軍団、水爆打線のライオンズに対して、100万ドルの内野、400フィート打線なんてスマートなホークス。エースは稲尾対杉浦。稲尾さんも杉浦さんも格好よかったですね。
輝く東天の星、ミサイル打線のオリオンズ、今のマリーンズです。榎本、山内、葛城のクリーンアップがミサイル打線の中核でした。タイガースとのトレードで山内、小山を交換して世紀のトレードと話題になりましたね。東京オリオンズ時代は下町の太陽なんて呼ばれていました。
駒沢の暴れん坊はフライヤーズ。山本八郎なんて人がいました、土橋、尾崎ピッチャーも良かった。毒島、張本、大杉が主力選手でしたね。ファイターズになっておとなしいチームカラーになってしまいました。
ナイターに強くて夜戦の勇者なんて呼ばれてたのがブレーブス。西本監督時代には、福本、長池、加藤が主力選手で、米田、梶本でヨネカジ時代、足立、山田、石井なんて玄人好みのチーム、西本上田監督時代は本当に強かった。ブーマーウエルズが、サロンパスのCMで、「ハンキュウ、ベリーマッチ」ってやってたの覚えていますか。
バファローズは弱くてキャッチフレーズもあったかなかったか。それでも西本監督就任以来強力なチームになり、最近ではタフィーローズを中心に「いてまえ打線」なんて呼ばれてましたね。

もうひとつのリーグのことはあまり知らないのですが、札幌と仙台にチームが行ったことでパシフィックリーグのほうが盛り上がっていますね。

甥っ子なんかは、関西のチームのファンだそうで、パシフィックリーグは弱いなんて信じているようですが、マスコミの毒はまだまだ効いているようです。

A級戦犯だったオリオンズの永田雅一オーナーが日本のキャンドルスティックパーク東京球場のこけら落としのとき、「パシフィックリーグを愛してください」と演説したのは有名ですが、今もたくさんのファンがパシフィックリーグを愛してますよ。

セカンドステージは、札幌で幕を開けます。アドバンテージを跳ね返して、日本シリーズに駒を進めてもらいたいですね。


北朝鮮が核実験をやったみたいです。
子供のころ、中共が核実験をやっていたので雨にぬれないようにとか学校で注意があっていました。頭がはげるなんていわれていました。厄介な国々が近所にあることは確かです、雨にぬれないように。


改めて思ったのだけど、稲嶺は小笠原に似てますね。この件に関して同感の方、異論のある方コメントをどうぞ。
| 暇ネタ | 17:37 | comments(7) | trackbacks(0) |
ディープインパクト残念
ディープインパクト残念でした。負けました。
飛べませんでした。

やっぱりハンディが影響したのでしょうね。3.5キロくらいなら負けないとも思っていたのですが、3才馬有利、古馬不利という解説があたってしまいました。本当に残念です。ディープよく走りましたね。

空港に納品に行っていたら何かセレモニーがあっていました。おーおーYS引退か!と気付き、消防自動車の格納庫の前で、必死に携帯カメラで撮影しました。離陸の瞬間です。映っていました。
YS11ラストフライト

初めて飛行機に乗ったのがYSでした。昭和45年のことでした。その後あまり乗る機会はありませんでしたが、YS11こそ国産の名機です。その引退に惜しみない拍手を送ります。とはいっても異国の空で活躍を続けるようです。がんばれ!

川端にロボットが来ていました。
ロボット
まだスタンバイの状態です。吊っておくのですね。
| 暇ネタ | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリンピック!負けた!
2016年のオリンピック国内候補都市は東京都に決まりましたね。おめでとうございました。
福岡市残念ながら落選です。偉大なる石原都知事閣下に一泡吹かせたかったのですが。まことに残念です。

残念でない人たちもいます。30日、市役所に様子を見に行ったのですが、メディアの関係者の皆さんがたくさんいらしていました。むしろこっちのほうが多かったような。落選!でがっかりを撮影に来ておられたようでした。
残念ではない反対派「市民」の皆さんも10名ほどお見えになっていたようです。どちらの区にお住まいか興味がありますね。区じゃなかったりして。

こんなこと書くと、あのあたりの連中は頭が古くて市の言いなりだとか、財政状況が悪化していることなんか考えていないだとか、もっと他に必要な政策があるはずなのにとか非難を浴びるのは必至です。ご安心あれ自分には自分の考えもあります。第一に市制施行以前からの市民です。勿論ご先祖様ですけどね。更に生来のへそ曲がりです。
「市民の皆さんの7割が反対しているのに」という言葉をラジオで散々聞きました。ははーん、地元メディアは、反対を誘導しているんだなと大変解りやすい状況でしたね。こうなると我が天邪鬼の虫がむくむくと起きあがってきます。

JOCは端っから東京都だったし、「財政状況」と「知名度」が決定の最大要因なら、コンペやる必要もなかったんですけどね。竹田会長もう福岡市に気を使われなくても結構ですよ。そんな理由ならば、「市」が「都」と争うことに無理がありますね。又、我らが福岡市のプレゼンにも驚きました。会場でも唖然とした人が多かったようです。ありゃないよなあ。

オリンピック・パラリンピックを福岡へ


反対派の方々は、こんどは市長の落選運動をやるそうです。あんまり心配されなくても大丈夫かも。それよりこのお世話なさっている方、ここは千載一遇のチャンスなんで、自分が立候補されたらよろしいのに。よほど遠慮深い性格の方なんでしょうか。それとも民主主義というものが良くお解りになってらっしゃらないのか。


例の事故のことにはあまりにも衝撃が大きすぎて言葉がありません。
お父様お母様、お祖父様はじめ縁者の皆さんには、謹んでお悔やみ申し上げます。

三人は天に召されましたが、これからも今までのように兄弟仲良く過ごしてください。

遣る瀬無い思い募るばかりです。
| 暇ネタ | 22:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |